ロゴ

どうして劣化してしまうのか、その対策法も知ろう

金属や宝石でも油断するな

ダイヤなどの宝石がついている貴金属は植物などとは違いなまものではないので、放置していても劣化しないと思われがちです。しかし、リフォームが必要になるほど劣化してしまうこともあるので気をつけて保存をしておきたいものです。

作り直しが必要になる事例

ダイヤ

見た目が相当劣化してしまうことがある

貴金属類は買取の世界でも重要視され、どんなものでも買取します、とお店へ持ち込んでくれるように呼びかけられています。
しかし、保存状態によってはダイヤが外れていたり、広範囲で表面が変色していたりすると買取値段も満足な査定が出てくれません。どうしてそのような状況に陥ってしまうのか確認しておきましょう。

日の当たる場所に保管するのはNG

もし保管状態があまりよくないと、変色が起こってしまうことがあります。特に直射日光が当たる場所に保管しているとそうなります。
銀や金は高い熱や紫外線によって材質が変化してしまいますので、むき出しの状態のまま保管してはいけないのです。

狭いところに保管しておくと傷つく

ダイヤは硬度が高い宝石なので、他の宝石とぶつかっても傷が表面につくことは少ないですが、リングや台座に使われている金属は傷ついてしまいます。
そのため狭い場所に保管すると傷が多くなってしまう恐れがありますので、保管の際はゆとりをもつようにしましょう。もしダイヤのジュエリーをリフォームしたくても、ダイヤが取れてしまってごちゃごちゃしていて見つからない状態なら手の施しようがありません。

リフォームをした後も気をつけよう

他にもジュエリーの保管方法は様々ありますので、チェックしておくと良いです。
せっかく取れてしまったダイヤをリフォームで生まれ変わらせても、同じような保管状況ならまた同じことが起こってしまいます。
そうならないためにもジュエリー独特の保管方法について知っておくことが大事です。

大事なダイヤの扱い方をチェック!

ダイヤ

作り直しが必要になる事例

リフォームした後のためにもダイヤがついたジュエリーの保管方法は覚えておきましょう。正しい保管方法を知れば、大事なジュエリーを長持ちさせることができ、不要なリペアやリフォームを少なくすることができるのです。

READ MORE
アクセサリー

イメージ豊かに発想

ジュエリーデザインの専門家は完璧にジュエリーをデザインすることができるのですが、リフォームを頼むなら自分でも考えてみましょう。大まかなデザインだけを伝えるのも良いですし、細かく要望を描いてみるのも良いです。

READ MORE
リング

オーダー方法を考える

セミオーダーでは既成の枠を利用してリングを作ることができるので、安く仕上げることができます。それ以外にもフルオーダーのことも検討しましょう。ダイヤのジュエリーがどのようにリフォームされるかも確認すべきです。

READ MORE
広告募集中